疲れが溜まっている時におすすめ

この記事をシェアする

ガムを噛むのもおすすめ

人間の脳内に偏桃体という、五感から伝わった刺激が楽しいものなのか不快なものなのか判断する組織があります。
たくさん噛むと偏桃体の活動を抑え、不快という情報が脳に送られにくくなります。
つまり、嫌なことやストレスを感じにくくなるというわけです。
そのため日頃から、大きなストレスを感じている人にもおすすめの方法ですね。

ガムを噛むことでも、同じ効果を得られます。
自宅にいる時や移動している時にガムを噛んで、たくさん噛む練習するのも良い方法です。
ストレスが溜まり続けると抱えきれなくなり、精神的な病気を発症します。
ですからストレスを解消できる方法を、いくつか考えてください。
食べ物をたくさん噛むというのは、日常の中でできるので非常に効率が良いです。

幸せホルモンを出そう

精神を安定させるためには、幸せホルモンという存在が欠かせません。
幸せホルモンはセロトニンと呼ばれ、咀嚼回数が増えるごとに分泌量も増えることが最近の研究でわかっています。
セロトニンの分泌量が減ると気分が落ち込みやすくなったり、質の悪い睡眠になったり、集中力が低下するなどデメリットしかありません。

このような状態になることを回避するために、噛むという行為が欠かせません。
そもそもセロトニンは、同じ動きを一定の速さで繰り返すリズム運動をすると分泌量が増えます。
咀嚼することは最も簡単なリズム運動で、手っ取り早くセロトニンを増やしたい時にピッタリですね。
セロトニンを増やし集中力を高めて、勉強や仕事に取り組みましょう。